でるふぃすぶるー!

ダイビングとオーガニックで美しい人生を送るブログ

海・ダイビング

海が好き。ダイビングが好き。
心が癒される海のお話。

中性浮力を感じるコツってある?どうやって練習すればいい?

『中性浮力』って難しい。どうやって練習すればいいのか。コツはあるのか。 中性浮力のスキルを上達させる1番早い方法は、ダイビングの回数を重ねること。そして、呼吸によって体がふわふわするのを体感することです。

【ダイビンググッズ】本当に買ってよかった!あると便利な4つのもの

「ダイビングであると便利なものってある?」→防寒用インナー、お着替えポンチョ、マイベルト、アネロンニスキャップです!実際に使ってみて「買って良かった」と思うグッズを4つご紹介します。

海やプールでラッシュガードの下、何着る?透けない?

「ラッシュガード!買ったは良いけれど、その下のインナーって何着るの?」マリンスポーツをする人もしない人も、水陸両用のスポーツブラが最強です。シンプルでゴワつかず、水着にもなるので濡れてもOK。ジムや陸上のスポーツでも大活躍してくれます。

ラッシュガードとは?海やプールでの日焼け防止・ケガ防止【防寒効果は低い】

マリンスポーツで気をつけたいのは日焼けと怪我。それを防いでくれるのがラッシュガードです。保温性はほとんどありませんが、ウェットスーツのインナーにすれば着にくいスーツもスポンと着れる優れものです。

ウェットスーツとドライスーツの違い|ダイビングに興味を持ったら知りたいこと

ウェットスーツとドライスーツ。その違いを知っていますか? ウェットスーツはダイビングだけでなく、シュノーケリングやサーフィンでも着用する保温性のあるスーツ。ドライスーツは水温が低い時のダイビング専用スーツです。

ダイビングカメラとしてgoproはどうなの?Hero6で撮った写真とデメリット

初めてのダイビングカメラ。オリンパスTG-5もいいけれどgoproはどうなんだろう?そう迷っている方も多いと思います。goproで撮ったダイビング写真をご紹介。とってもキレイに撮れるので面倒な設定はまだ早い!という人に向いています。

西伊豆ダイビング|井田ダイビングセンターは清潔でかわいい施設だったよ

西伊豆、井田(いた)でダイビングをしたことはありますか?魚の群れもたくさん。穴場的ポイント。井田ダイビングセンターの施設は清潔キレイだし、スタッフの方もとっても感じが良くてステキです。

ダイビングカメラTG-5の防水プロテクターPT-058を手に入れたよ!

ダイビング写真用に購入したTG-5。専用のオリンパス純正プロテクター PT-058を紹介します。購入してすぐに海に持っていける備品付き。別売のストロボやアームも取り付けることができます。 手が小さい女性でもバッチリ扱いやすい大きさで、これからのダイビ…

冬のダイビング専用 ドライスーツとは?インナーや着方を写真で紹介します

冬のダイビング専用ドライスーツって一体なんなの?濡れないってホント?インナーは何を着るの?どうやってスーツ着るの?先輩ダイバーさんにカメラマンをお願いして、写真を撮ってもらいました!

井田ダイビング インスタ映えする水中写真集

ダイビング写真は奥が深い。シルエットや青と光のコントラストが魅力的です。陸上でこの青は表現できませんからね。 海の中ってもう全部インスタ映えします。

西伊豆 井田でダイビングしてきたよ!冬のお魚天国写真

西伊豆のダイビングスポット、井田。透明度15メートル、水温20度。快晴。とっても楽しいダイビングでした。ダイバーの数も比較的少なく、穴場ポイントかもしれません。なんと言っても魚群がすごい!

オリンパス TG-5でダイビング写真を撮りたい!超初心者の為の設定はこれだ!

ダイビングが趣味の人なら「写真に残したい」と思いますよね。オリンパスTG-5はカメラ初心者にピッタリな防水カメラ。設定などは全然わからないけれど、とにかく水中写真を撮りたい!という人の為の設定をご紹介。

11月の伊豆がダイビングベストシーズンな4つの理由

伊豆の海、11月はベストシーズン!混雑していない、透明度が高い、魚がたくさん、気温が下がっても海の中は快適な水温。 これはダイビングしに行くしかありません。

11月の伊豆の海にダイビングしに行くよ!持ち物の準備をしよう!

ダイビング旅行に行くなら準備は抜かり無く、忘れ物はしたくありませんよね。 平日はお仕事、休日を利用して日帰りダイビングに行くのなら、一週間前から準備開始です。キャリーケースに入れるもの、リュックに入れるもの、当日出発前に最終確認するリストを…

大瀬崎でのダイビング事故…安全に楽しむ為にダイバーが再確認したいこと

人気スポット、大瀬崎でのダイビング中の死亡事故…。一瞬の油断が命取りです。絶対に1人きりで潜ってはいけないし、セーフティーグッズ各自持って潜るのを忘れずに。 初心を思い出して、安全に楽しくダイビングしましょう。

ダイビング潜行のコツ|初心者さんでも沈みやすくなる方法

ダイビング初心者さんがまずつまずきがちな『潜行』。これにはちょっとしたコツがあります。まずは焦らず呼吸を整えて、水上に向かってフィンキックをしたら息を吐く。これが上手になれば、脱初心者ダイバーです!

「ダイビングって怖い…でもやってみたい!」そんな人が知っておきたいダイバーの基礎知識

「ダイビングはちょっと怖いけれどやってみたい!」「ライセンス講習を申し込んだ!」そんな人があらかじめ知っておきたいダイバーの暗黙の了解をご紹介します。怖いと思うのは知らないから。今からちょっとだけダイバー気分を先取りしましょう。

ダイビングBCDのおすすめの選び方【初心者向け|リブレーターシグマ2の良いところ】

「BCDを初めて購入する時のポイントは?」わたしが実際に使っているTUSA リブレーター・シグマ2を参考に、あって良かったBCDの機能をご紹介します。

水中写真家 中村卓哉さん写真展『海と森がつなぐ命-辺野古-』大浦湾の海の写真編

『海と森がつなぐ命-辺野古-』水中写真家 中村卓哉さんの写真展に行ってきました。辺野古の海は豊かな生態系。元気に育ったサンゴ礁が見事です。基地移設が進んでも、必死に生きる命がある。そんな貴重なお話を聞けたイベントレビューです。

先輩ダイバーさんにダイビングを始めたキッカケやもろもろ♡聞いてみたよ!

先輩ダイバーさんがダイビングを始めたキッカケってなんだろう?どんな海に潜っているんだろう?どんな器材を使っているんだろう? そんな疑問の答えを探るべく、先輩ダイバーさんに質問攻めしてみました!

海が似合うサーフ系ファッションブランドって何がある?一覧にしてみた

「サーフ系ファッションってどんなブランドがあるの?」 1年中海にいそうと言われるわたしがチェックしているブランドを一覧にしました!ブランド名がわかっていれば、ネット通販で探すのも簡単になります。試着してみたい方はムラスポへGO!

Airbnbとは?ダイビング旅行のホテル代を節約できるのでは!?と思って調べてみた

『Airbnb』とは宿泊可能なお部屋をシェアするサービス。世界中で利用することができます。 「旅行と言えばホテルを予約」と考えていましたが、「ホストさんのお部屋を借りる」という発想はどこか温かみがありますね。 ダイビング旅行に行くときはぜひ利用し…

お盆過ぎの海水浴はクラゲに注意!対策と刺されたときの対処法

お盆過ぎの海水浴はクラゲの活動が活発になる時期。 クラゲ対策として、ラッシュガードで肌の露出を少なくすることが有効です。 もし刺されたら、素手で擦らずに海水で洗い流してくださいね。

シュノーケリング事故にご注意!危険を回避して安全に海を楽しむための知識

シュノーケリングは誰でも楽しめる夏のスポーツ。しかし海の水面での事故はダイビング事故よりも多いのです。 正しい知識を覚えて、安全で楽しい夏の思い出を作りましょう。 ライフジャケットもお忘れなく。

海水浴中に雷が聞こえたら?夕立?ゲリラ豪雨?すぐに避難を

お盆を過ぎたら海水浴はなぜだめなの?それは、夏の終わりの夕立やゲリラ豪雨の多発も関係しています。夏の暑さで発達した積乱雲が雷と雨を運んできます。 雷が聞こえたらすぐに海から上がり避難しましょう。 楽しいビーチデートは安全第一です。

お盆過ぎの海水浴は遠くの台風に注目!穏やかな海の見分け方

お盆過ぎは台風がたくさん発生!せっかくの海水浴も、波が荒ければ危険です。 遠くに台風がある場合は、その進路を見て海水浴場を決めると良いですよ。 その簡単な見分け方を紹介します。

富戸 脇の浜で潜ってきたよ!貧乏日帰り伊豆ダイビングの1日

東京から日帰りで伊豆ダイビング旅行に行けるんですよ。 今回は伊東市富戸に行ってきました。1日のタイムスケジュールとかかった費用を記録しておきます。 脇の浜、ヨコバマどちらも砂地が気持ち良いダイビングポイントです。

わたしがやってる耳抜きの方法とコツ

わたしがやっている耳抜きの方法は「トインビー法」というツバを飲み込むやり方です。 コツを掴めば鼻をつままなくても耳抜きできるようになりますよ。 上手くできない時は、目を閉じて耳抜きしてみてください。少しだけ浮上したり、片耳を上に向けて行うの…

耳抜きが上手くできないからといって絶対にやってはいけないこと

初心者ダイバーさんが耳抜きが上手くできず、焦ってやってしまいがちな2つのこと。 「我慢して潜る」 「力まかせに耳抜きする」 これは絶対にやってはいけません。 耳の損傷につながってしまう危険性があるのです。 耳抜きできなかったら、まずは水深を少し…

【耳抜きとは?】これからダイビングを始めるなら耳抜きの予習をしよう

これからダイビングを始めるあなた!『耳抜き』って何のことか知っていますか? ダイビングで海に潜ると水圧がかかり、耳が痛くなります。『耳抜き』は、耳の痛みを防いで楽しいダイビングをするための大事なスキルのことです。