でるふぃすぶるー!

ダイビングとオーガニックで美しい人生を送るブログ

海・ダイビング‐器材と持ち物

ダイビングBCDのおすすめの選び方【初心者向け|リブレーターシグマ2の良いところ】

「BCDを初めて購入する時のポイントは?」わたしが実際に使っているTUSA リブレーター・シグマ2を参考に、あって良かったBCDの機能をご紹介します。

海が似合うサーフ系ファッションブランドって何がある?一覧にしてみた

「サーフ系ファッションってどんなブランドがあるの?」 1年中海にいそうと言われるわたしがチェックしているブランドを一覧にしました!ブランド名がわかっていれば、ネット通販で探すのも簡単になります。試着してみたい方はムラスポへGO!

ダイビングはレギュレータが快適さを左右する?Bismの回るアゴ楽セカンドステージ

ダイビングのレギュレーター。レンタル器材と自分の器材両方を使ったことがある方は、レンタルのレギュレーターがひどく疲れるなぁって感じたことあるのではないでしょうか。ちょっとだけお金を掛けて、アゴが疲れないレギュレーターを選ぶとダイビングがも…

【ダイブコンピューター】TUSAのDC Solar IQ1204がカッコいい!

ダイブコンピューターは、ダイビング用の腕時計。でも時計よりももっと高性能で、安全なダイビングには欠かせません。わたしが使っている国産メーカーTUSAのIQ1204をご紹介します。カッコいいダイコンをお探しの方、参考にしてみてください。

レギュレーターとは?ダイビングをやらない人でも分かる器材紹介

ダイビング器材の『レギュレーター』とは、背中に背負ったエアータンクから空気を吸うための器材です。口にくわえることで呼吸ができます。 レギュレーターは5つのパーツがセットになっています。覚えておけばライセンス取得の時に楽になるかも?

重器材と言えばBCD|ダイビング重器材を購入するメリット・デメリット

わたしは「形から入るタイプ」でした。ダイビングのライセンスを取得してすぐに、BCDを含め器材一式を購入しました。マイ器材でダイビングをするメリットはたくさんあります。まずカッコいいです。毎回違うBCDの操作を覚えなくて良いのです。

ウェットスーツの洗い方|環境に優しい!専用ヤシ洗剤で罪悪感知らず

ウェットスーツの洗剤、海の環境に優しい天然ヤシ由来のものを使っています。洗い方は簡単。ウェットスーツを洗剤入りの水風呂に浸けて、もみ洗いするだけです。 天然由来原料で排水はやがて自然にもどります。なんて素敵な洗剤なんだろう!

ダイビングのログブックってなぁに?記憶を記録するダイバーの備忘録

ログブックは、その日のダイビングを忘れないようにするための備忘録。一体どんなことを記録しているのでしょうか?お天気や海の状態、潜った深さや水温、使用した器材。それらをメモして次のダイビングに思いを馳せます。ログ付けの最後には、共に潜ったダ…

ダイビングなのにシュノーケルも必要?水面の事故を防ぐセーフティグッズ

ダイビング三点セットは、マスク・フィン・シュノーケル。 シュノーケルってダイビングなのに必要なの?はい!必要です。水面の安全を守ってくれます。 高価なものでなくてOKですよ。わたしのシュノーケルはGULL レイラステイブルです。

ダイビングマスクはcocoloa!みんなに褒められる可愛いマスクの選び方

ダイビングのときだってかわいく!それならcocoloaのダイビングマスクはいかがですか? 海好き女子のための、海を感じるデザインはわたしのハートを鷲づかみでした。 かわいいマスクでダイバーさんにも褒められる! COCOマスクを買ってよかったなと思って紹…

ダイビング ウェットスーツの選び方【種類とサイズ編】

ウェットスーツの種類は何を選べばいい?サイズはどうやって見極めるの? 初めてのウェットスーツは5㎜ワンピースタイプがおすすめです。 サイズ選びは試着してみることが一番の近道。ダイビングショップに行って、店員さんにアドバイスをもらいながら決めま…

ウェットスーツの選び方【オーダーメイドと既製品どっちがいい?編】

初めてウェットスーツを買うなら、オーダーメイドと既製品どっちが良いのでしょう? オーダーは世界に1着だけの自分スーツ。既製品は可愛いデザインでお手頃価格。 それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

【ガル スーパーミュー】女性23.5cmでSサイズ|安心日本製フルフットフィン

ダイビング用のフィン、たくさんのブランドから様々なモデルが出ています。その中でもダントツでオススメしたいのはGULL スーパーミューフィンです。わたしはインターネットショッピングで購入しました。同じように、ネットでフィンをお探しの方へ、わたしの…

ダイビングのレンタル器材は何が含まれる?自分で用意する持ち物は?

ダイビング器材ってレンタルできます。そもそもどんな器材があるのでしょうか?フルセットレンタルをする場合にも、自分で用意するものもありますよ。 まずは器材はレンタルで、という初心者ダイバーさんのために、レンタルに何が含まれるのかを紹介します。

雨が降ってもダイビングはOK!天気が良くない日のおすすめ持ち物

ダイビング初心者のみなさん。雨の日でもダイビングできますよ!嵐でなければ潜れます。 そんな雨の日ダイビングですが「持ってて良かった持ち物って何かない?」「服装はどうしたら?」という疑問にお応えします!

ダイビング器材を購入したい?最初に買うなら軽器材3点セットがおすすめ

ダイビング初心者さん、自分の器材が欲しくなってきた?ならばまずマスク・フィン・シュノーケルの三点セットとウェットスーツを購入しよう!かわいいデザインのお気に入りを見つければこれからのダイビング人生の相棒になってくれるよ。

【冬のダイビング】ドライスーツをレンタルして海中で宝探ししよう

冬でもダイビングできる?できます!ドライスーツをレンタルして、冬ならではの海のアイドルに会いに行こう! レンタルなら持ち物は少なくて済むの で移動も楽チン。